手づくり「コチュジャン」

脂肪燃焼方法 食べ物や食事、サプリ、運動で効果的に痩せるには

MENU

手づくり「コチュジャン」

「コチュジャン」の“コチュ”はチリペッパー、“ジャン”は味噌のことです。
コチュジャンの本格的な作り方は、粉チリペッパー、もち米の米麹、調味料などを合わせ、のんびりと醗酵熟成させます。
でも、世帯では、「米こうじ味噌」を使えば、誰にでもコチュジャンを作ることができるのです。
肌をきれいにすることにも効き目をアップするようなカプサイシンを含んだ、粉チリペッパーをたっぷり使用したコチュジャンを常備して、多種多様な食事に活用してください。
それでは、簡単コチュジャンの作り方を披露します。

 

1、鍋に、米こうじ味噌600g、水あめ300g、醤油100cc、みりん350ccを混ぜマッチさせて入れ、弱火にかけます。
2、なめらかに焦げないようにしゃもじで混ぜながら、フツフツと弱火で煮ます。
3、グツグツ煮立ってきたら、火を止めて、よく練り合わせます。
4、少しずつ粉チリペッパー150gをプラスして、なめらかになるまで混ぜマッチさせてください。
5、少しずつグラニュー糖80gをプラスして、よく混ぜマッチさせて仕上げます。
6、できた味噌を冷まして、キープコンテナに入れ、冷蔵庫でキープしてください。
2〜3日寝かせれば、まろやかな辛味のコチュジャンの出来上がりです。

 

できあがりのコチュジャンは、1kg以上の量になります。
欠かせなく応じて、量を調整してください。

 

このコチュジャンに、みじん切りにしたネギと炒りごまをプラスして、おにぎりや焼きおにぎりに付けると、わりとおいしいですよ。
そのうえコチュジャンに酢をプラスして、きゅうりとたこの和え物にすれば、お酒のおつまみにピッタリです。
そのほかにも、コチュジャンは、炒めもの、鍋物、ご飯、麺類など、多種多様な食事に利用できますよ。