「鶏肉の七味煮」のレシピ

脂肪燃焼方法 食べ物や食事、サプリ、運動で効果的に痩せるには

MENU

「鶏肉の七味煮」のレシピ

「カプサイシン」は、カロチノイド系の色素で、チリペッパーに含まれる辛味栄養素です。
エネルギーの消費を促す働きがあることが、確認されているのです。
それでは、カプサイシンを楽チンに取り込むことができる「鶏肉の七味煮」のレシピを披露します。
野菜たっぷりでカロリー控えめ(210kcal)なので、痩せる事にもおすすめです。

 

1、鶏もも肉80gは、食べやすい大きさに切ります。
長ねぎ1/4本は、3〜4cmの長さのぶつ切りにして、にんじん1/5本は、厚さ5mmの半月切りにします。
ぶなしめじ1/4パックは、小さい房に分けて、いんげん10gは、両端を切り落として50%に切ります。

 

2、鍋に、油小さじ1を熱して、鶏肉の両面を焼き、焼き色をしっかりと付けます。
そこに、しょうがの薄切り5gと、切っておいた長ねぎとにんじん、しめじを入れて炒めます。

 

3、2にだし汁30ccと調味料(酒小さじ1、オイスターソース小さじ1、砂糖小さじ1、醤油小さじ1、七味チリペッパー小さじ1/4)をプラスして煮ます。
その後、いんげんも加え、汁がなくなるまで煮てください。

 

器に盛り付けたら、できあがりです。
七味チリペッパーの量は、お好みによって、加減してくださいね。

 

鶏肉は、ほかの肉類と比較すると、高たんぱく質で、カロリーが低いので、目方を減らしているさなかには欠かせない食べ物です。
そのうえ体に欠かせない必須アミノ酸が、バランスよく含有されているので、美容と健全な体に気を付けている人には、おすすめの食べ物です。