「キムチの炊き込みご飯」の作り方

脂肪燃焼方法 食べ物や食事、サプリ、運動で効果的に痩せるには

MENU

「キムチの炊き込みご飯」の作り方

キムチは、そのまま食べても、ご飯とマッチの良いおかずになりますが、ビビンバやチャーハン、炊き込みご飯などの材料として利用をすると、少し違った旨さを楽しめるのですよ。
韓国食事店や焼肉店では、ホームメードのキムチを利用してできあがった、多種多様なオリジナルメニューがあるのではないかと思うのです。

 

カプサイシンたっぷりの健康フード「キムチ」を、多種多様な食事にプラスすることで、いつものように継続して食べられるように工夫しましょう。
それでは、世帯でも楽チンに作ることができる、「キムチの炊き込みご飯」を披露します。

 

1、米2合は研いで、ザルにあげておきます。
アサリ60gは、塩水に浸けて、砂を出しておきます。

 

2、白菜キムチ300gは、汁を絞り(汁は捨てないでください)、食べやすい大きさに切ってください。
しょうが10gは、千切りにします。

 

3、ぬるま湯に干し椎茸3〜4枚を浸けて、柔らかくなったら、スライスします。
干し椎茸の戻し汁は、後で使います。

 

4、炊飯器に1〜3を入れたら、キムチの絞り汁と干し椎茸の戻し汁に、水を2合分+1カップ加えます。

 

5、終わりに、ごま油小さじ1をプラスして、炊飯器で炊き上げます。
器に盛り付けて、小口ネギ少々を散らしたら、できあがりです。

 

白菜キムチを使用した韓国風炊き込みご飯は、しっかりとご飯に旨みが染み込んでいるので、冷めてからでも、おいしく食べられます。
ですので、おにぎりやランチボックスにしても良いです。
そのうえカキなどの魚介類を加えると、いっそう味とテイストが深まりますよ。